求人媒体は幅広い守備範囲で利用を

  • 有効性のある求人媒体について

    • 企業が行っている採用活動ですが、求人媒体を利用した採用活動を行っていることになると思います。

      求人媒体といっても数多くあるわけですが、中小企業が日頃から行っている求人媒体はハローワークに求人情報を登録することが中心であろうと考えられます。

      求人媒体を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      アベノミクスが成功しているということでしょうか、全国各地で有効求人倍率が改善されてきており、ハローワーク経由で人材を募集しようということは難しくなってきていると思われます。日本においては80年代半ばから90年代の初めのバブル経済時代に経験してきたと思われますが、労働のマーケットが飽和状態になり、いわゆる売り手市場になりますと、より良い勤務条件を求めて転職する、企業側からすればよい労働力については対価を払って引き抜くという現象が生まれてくると考えられます。



      求人媒体運営会社が運営しているインターネットでよくみられる媒体に求人情報を載せることは、コストがかかるかも知れませんが、中小企業であっても優秀な人材を確保するためには必要不可欠な手段となってきました。

      ハローワークだけで人材募集を完結させるということは難しくなってきたので、地域社会においてもより高い評価・報酬を求め企業を移動する、あるいは故郷に帰るために地元での就職・転職を考えたいというようなニーズに広く答えていく必要が生じているのです。不特定多数の方々から求人情報にオファーが届くため、採用担当者にとっては手間がかかることは確実なのですが、人材確保のために有効な手段は何でも使おうという精神で人手不足に対応することが求められているのです。



top